月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 植物電位観測
10
11
12

14 15

植物生体電位・電磁気現象 函南観測点

環境防災研究会(JSEDiP)の趣旨に賛同して、植物の生体電位及び地電位を観測し、大地の動きを観察しております。
 こちらの事業では浜松観測点において公益財団法人公益推進協会 夢屋基金の助成をいただき運用しております。
 月光天文台敷地内ある、樹齢10年程のつばき科に属する『ひさかき』を使用。ひさかきの樹木より1メートル離した場所に、長さ1メートルのアース棒を東西南北方向に埋設。樹木本体の中間部にアース棒と同じ方向で白銀の電極を貼り付けています。
 各電極からの信号を受信ボックスで増幅してデータ集積用のパソコンに送信しています。

Noimage  Noimage
植物生体電位観測(中央の樹木が生体観測のひさかき)
東西南北の電極及びアースからの信号を増幅しパソコンに送信していります。

Noimage  Noimage
樹木に東西南北方向に取り付けた電極
つばき科のひさかき
□植物電位観測システム図
Noimage

□MF帯・VHF帯の電波を受信し地殻変動における電磁波の異常を観測しております。
Noimage  Noimage
VHF帯見通し外電磁波受信7エレメントアンテナ群
VHF帯電磁波受信ディスコーンアンテナ

Noimage  Noimage
各電磁気及び植物生体信号を受信しているパソコン
このデータは定刻に環境防災のサーバに送られ解析されます。
アンテナからの信号を受信する装置
□電磁気観測システム図
函南_TBP-VHF_工事図面
picup