月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 天象 > 2018年のおもな天象と暦

2018年のおもな天象と暦

○暦

      ★惑星と恒星の食   ★主な惑星の動きと星座    -> 2018年の祝休日

 
 暦は西暦2018年、平成30年、干支は戊戌(つちのえいぬ)、九星はに九紫火星、平年である。
 元日は月曜で、元日の干支は癸巳(みずのとみ)。

 元日の月齢(午後9時)は14.2と満月にちかい。

 平成30年は、昭和93年、大正107年、明治151年、日本紀元では2678年。
 明治維新から150年となる.

 公定祝日は16日。
 2017年から施行された8月11日の「山の日」を含め、祝日は16日。
 祝日と日曜が重なり翌月曜日が振替休日(ハッピーマンデー)となるのは4日。  
 
 ゴールデンウイークは、4月29日が日曜、3連休の始めの5月3日が木曜日で、5月6日の日曜まで、4連休なる。
 5月1日と2日を休めば、5月28日(土)から9連休。

 旧暦は閏月のない平年。旧暦にもとづくおもな行事は以下の通り。(太陽暦より1ヶ月半ほど遅れる)
  旧正月(旧1月1日)    -> 2月16日       旧ひな祭(旧3月3日) -> 4月18日
  旧端午の節句(旧5月5日)-> 6月18日         旧暦の七夕(旧7月7日)ー> 8月17日
  中秋の名月(旧8月15日)ー> 9月24日(満月の前日)  旧重陽(旧9月9日)-> 10月17日
  十三夜(旧9月13日)   -> 10月21日

  イースター -> 4月1日 
  ラマダン  -> 5月16日~6月14日(暫定)

   ※イスラム暦は純粋な太陰暦で、1年が12朔望月で約354日と、現行の太陽暦より11日ほど短い。
     西暦2018年には9月12日頃に、イスラム暦1440年の新年を迎える。
     ユダヤ暦5778年の新年は9月10日である。


★天象
○日食・月食

  2018年には日食が3回、月食が2回ある。
  日本で見られるのは、1月と7月の皆既月食である。

  以下、現象の中心時刻(JST)と、日本で見られるものは黄色で示す。 
  
  日 付 時 刻(時:分) 現 象  備 考
 1月31日  22:30 皆既月食 太平洋西部を中心に起きる。日本では全国で皆既食が見られる
 2月16日 5:51 部分日食 日本では見られない。南米の南部、南極大陸などで部分食となる
 7月13日 12:01 部分日食 日本では見られない。オーストラリアと南極大陸の間の海を中心に起きる
 7月28日  5:22
 皆既月食 日本では全国で月入帯食が見られる。北海道と東北の一部では、皆既食の前に月没となる
 アジア
中央部を中心に起きる
 8月11日  18:46 部分日食 日本では見られない。
 北極海を中心に、中国中北部、ロシア、グリーンランド、北アメリカ北部などで起きる


○惑星と冥王星の現象(赤道座標)-2018
 太陽に近い方から順に水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、そして準惑星の冥王星のデータ。

 ・それぞれの動
 ★水星:夕方3回、明け方4回の最大離角となる。最大離角は太陽からもっとも離れて見える時で、観測好機となる。
         
 東方最大離角 西方最大離角
     -   1月02日
   3月16日   4月30日
   7月12日   8月27日
  11月07日   12月15日

★東方最大離角は夕方、西方最大離角は明け方に見える。 
 春の夕方と秋の明け方が、地平線との距離が比較的大きく見つけやすい。

★金星:年の初めに外合となり9月めまで、宵の空で輝く。10月の内合からは明けの空に。
     8月から9月いっぱい、夜の空に金星、火星、木星、土星がでている。  
 現 象日 付
    外合   1月09日
東方最大離角8月18日
 最大光度 9月21日(-4.6等)
 留10月05日
 内合10月25日
 留11月14日
 最大光度12月02日(-4.7等)
  

★外惑星と冥王星
 

天 体 東 矩 合 西 矩 留 衝
  火 星 12月10日   -:-3月27日
6月28日7月28日8月28日
  木 星  8月02日  11月26日  2月06日  3月09」日  5月09日  7月11日
  土 星  9月26日   -:-  3月31日  4月18日  6月27日  9月06日
  天王星  1月11日  4月19日  7月21日  8月08日  10月24日1月03日
  海王星  12月09日  3月05日  6月10日  6月19日  9月08日  11月25日
  冥王星  10月15日  1月09日  4月15日  4月23日  7月12日  10月01日
  
 火 星:火星は、年の始め明けの空にあり、7月28日にやぎ座で衝(-2.8等)となる。7月31日の最接近は15年ぶりの大接近。
     
 木 星:5月9日、てんびん座で衝となる(-2.5等)。春から夏にかけて見やすい。
 
 土 星:いて座で6月27日に衝となる(0.1等)。
        環が大きく開いている。あまり高く昇らない。
 
 天王星:天王星は、おひつじ座で10月24日に衝(5.7等)。  
       双眼鏡があれば見ることができる。偶然発見されたので、思いがけない幸運を招くといわれるが・・・。
 
 海王星:海王星は、9月8日、みずがめ座で衝(7.8等)。
       
 冥王星:冥王星は、いて座で7月12日に衝(14等)。
        2015年7月、冥王星探査機ニューホライゾンズが接近して話題になった。
        表面にハートのマーク。



★月によって隠される、惑星と恒星の食
    ※食にならない場合、月と星の接近したようすが見られる

 ◆レグルス(1.4等)・αLeoの食
   2月02日 関東地方以北で起きる
  

               ★主な惑星の動きと星座
                                          2017年
 惑星 日付 背景星座・動き  惑星 日付 背景星座・動き

金星 1.01 いて・順行

   1.09 外合

   1.18 やぎ

   2.09 みずがめ

   3.03 うお

   3.13 くじら

   3.15 うお

   3.31 おひつじ

   4.20 おうし

   5.20 ふたご

   6.12 かに

   6.30 しし

   8.02 おとめ

   10.02 てんびん

   10.05 留・->逆行   

   10.09 おとめ

   10.25 内合

   11.14 留・->順行

   12.14 てんびん
 

火星 1.01 てんびん・順行

   2.01 さそり

   2.09 へびつかい

   3.12 いて

   5.16 やぎ

   6.28 留・->逆行

   7.28 衝

   8.26 いて

   8.28 留・->順行

   9.02 やぎ

   11.11 みずがめ

   12.22 うお

   12.31  〃

 

木星 1.01 てんびん・順行

   3.09  留・->逆行

   5.09  衝

   7.11  留・->順行

   11.21 さそり

   12.14 へびつかい

   12.31 〃
 

土星 1.01 いて・順行 

   4.18  留・->逆行 

   6.27  衝

   9.06  留・->順行 

   12.31 いて  

天王星 1.01 うお・逆行

1.03 留・->順行

4.19 合

    4.28 おひつじ

    8.08  留・->逆行

    10.24  衝

    12.05 うお
 

海王星 1.01 みずがめ・順行

    3.05  合

    6.19  留・->逆行

    9.08  衝

    11.25  留・->順行

    12.31 みずがめ
 ※ここの日付はおおまかなもの
 ・順行:星座に対し東へ進む ・逆行:星座の中を西へ進む ・留:惑星の見かけの運行方向の転換点
 ・合:惑星が太陽の方向   ・衝:惑星が太陽の反対方向  

 ・内惑星は内合の前後に逆行し、外惑星は衝の前後に逆行する
                                            〔■月光天文台〕

◆平成30年(2018)の祝休日

 No.日 付
名 称
施行年
 備    考
 11月1日
 元日 昭和23 戦前の昭和20年(1945)まで、年末と三箇日は休日
 2 1月8日△ 成人の日  〃 1月の第2月曜 平成11年(1999)まで1月15日
 3 2月11日 建国記念の日 昭和41 明治に制定された紀元節(神話上の日本の誕生日)の復活
 4 3月21日* 春分の日 昭和23 自然をいつくしみたたえる日(太陽黄経0°) 戦前の春季皇霊祭
 5 4月29日 昭和の日 平成元年 昭和天皇のお誕生日 昭和時代の天皇誕生日、平成元年より「みどりの日」となり、
 平成19年(2007)より「みどりの日」を改称
 6 5月3日 憲法記念日 昭和23 現日本国憲法は昭和22年(1957)のこの日施行
 7 5月4日 みどりの日 昭和60 「祝日と祝日の間を休日にする」と昭和60年(1985)12月に祝日法を改定して即日施
行された。その後2年は日曜などとなって、初めて「国民の休日」として実施されたの
は昭和63年(1988)。 平成19年(2007)に改称されて祝日に昇格
 8 5月5日 こどもの日 昭和23 従来の端午の節句
 9 7月16日△ 海の日 平成8 平成7年(1995)に制定、翌年実施 当初7月20日だったのを平成15年(2003)より
  7月第3月曜
 10 8月11日 山の日 平成28 平成28年(2016)施行
 11 9月17日△ 敬老の日 昭和41 老人の日を改定 9月15日だったのを平成15年(2003)より9月第3月曜
 12 9月23日* 秋分の日 昭和23 祖先を偲びお祭りする日(太陽黄経180°) 戦前の秋季皇霊祭
 13 10月8日△ 体育の日 昭和41 10月第2月曜 平成11年(1999)まで10月10日
 14 11月3日 文化の日 昭和23 明治天皇のお誕生日
 15 11月23日 勤労感謝の日  〃 戦前までの新嘗祭
 16 12月23日 天皇誕生日 平成元年 今上天皇のお誕生日

  ※△印:曜日によって決定
   *印:太陽黄経によって決定
  ※平成30年の振替休日は2月12日、4月30日、9月24日、12月24日の各月曜日
                                              〔以上〕
picup