月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 天体観測所 > 望遠鏡で見た天体-2018

望遠鏡で見た天体 2018年  

    -> 夜空(Night Sky)  昼間の金星-2018

スーパームーン   1月2日   ★ふたご座の2天体(エスキモー星雲・M35)  1月16日          ★かに星雲       1月16日
ぎょしゃ座の3天体 1月16日   ★皆既食の最大   1月31日     ★皆既月食・一覧 1月31日    ★ターコイズフリンジ  1月31日
トラペジウムとM42 2月9日   ★三日月      2月18日      ★最小の下弦  4月8日~9日    ★月齢18       6月3日
火 星       6月3日   ★土 星      6月3日      ★木 星     6月3日      ★月齢20       6月5日
木星・土星・火星  6月5日


    ★木星とガリレオ衛星     6月5日  ★木星     6月5日
jpg-0605
jp-0605-1
 ・木星とガリレオ衛星  
 木星の東(左)にイオ、西にガニメデ、エウロパ、離れてカリストが並ぶ

 〔撮影データ〕
    撮影時刻 1:11 
   ・露出 1/4秒、4コマ合成
 ・木 星  
   〔明るさ -2.4等、視半径 21.9″〕
 

 〔撮影データ〕
    1:12 
   ・露出 1/100秒、10コマ合成
    ★土星        6月5日   ★土星        6月5日
sat-0605-1
ma-0605-1
  ・土 星
   〔明るさ +0.1等 視半径 9.1″〕
   6月27日にへびつかい座で衝となる




 〔撮影データ〕
    1:21 
   ・露出 1/60秒、10コマ合成
  ・火 星
   〔明るさ -1.3等 視半径 8.0″〕
  南極冠(下)が白い。
    7月27日に溜、7月31日に最接近

 〔撮影データ〕
    1:36 
   ・露出 1/250秒、10コマ合成
 〔共通〕2018年6月5日
     ニコン20㎝屈折望遠鏡 
     直焦〔F12、f.l.2400mm〕+テレプラス
     Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 1600〕



    ★月齢20      6月5日 
mo-0605-4-ae
 ・月齢20                             〔撮影時刻 1:47〕
 下弦の2日前の月。見慣れた月面と思われるが、月齢20の月は昇ってくるのが夜中頃で、夜中過ぎ
に起きていないと見えない(朝の月でもある)。上部に雨の海、その南にコペルニクスクレーター、
その左にケプラー、ずっと南にティコクレーターなどが見える
 〔データ〕
   露出1/320秒
mo-0605-1
mo-0605-2
 ・月の北部                       〔1:41〕
  ほぼ中央に広がる雨の海。西(右)の晴れの海はほぼ日が暮れてている。
  2つの海の境がコーカサス山脈、その北東にアルプス山脈、南東にアペニン山脈が伸びている。アルプス山脈にはアルプス谷や底面が平らなプラトーが見える。
〔データ〕
   露出1/320秒、テレプラス使用
 ・月の南部                       〔1:43〕
 北部に比べるとクレーターにおおわれた「高地(ハイランド)」が目立つ。
 満月頃に良く見えるティコ、その南にクラビウスなどがある

〔データ〕
   露出1/100秒、テレプラス使用
 〔共通〕ニコン20㎝屈折望遠鏡  直焦〔F12、f.l.2400mm〕
     Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕




    ★火 星      6月3日 ★土 星       6月3日
mars-0603
sat-0603 
 ・いよいよ火星が近づいてきました  (3日の未明)
   〔明るさ -1.3等 視半径 7.8″〕
  南極冠(下)が白い。やぎ座にあり大接近に向けて
  接近中

 〔撮影データ〕
   2018年6月3日 3:01~3:02 
   ・露出 1/200秒、  10コマ合成
  ・環の大きく開いた土星
   〔明るさ +0.2等 視半径 9.1″〕
   6月27日にへびつかい座で衝となる

 〔撮影データ〕
   2018年6月3日 3:17~3:18 
   ・露出 1/30秒、  10コマ合成
   ・木星とガリレオ衛星  6月3日  ・木 星  
jpg-0603jp-0603-1
 ・木星とガリレオ衛星  (こちらは3日の宵)
 木星の西(右)がエウロパ、東にイオ(内側)とガニメデが見える。
 ガリレオ衛星の明るさは5~6等級。4つのガリレオ衛星は1610年、ガリレオが手製の望遠鏡で発見した。
 月光天文台には、その望遠鏡のレプリカを展示しています

 〔撮影データ〕
   2018年6月3日 21:01 
   ・露出 1/6秒、 4コマ合成

 ・木 星  
   〔明るさ -2.5等、視半径 22.0″〕
 5月9日にてんびん座で衝となり、宵の南東の空に明る
く光っている。
 西の空には金星があり、明るい2惑星が宵の空で共演

 〔撮影データ〕
   2018年6月3日 21:02 
   ・露出 1/80秒、  10コマ合成
 〔共通〕ニコン20㎝屈折望遠鏡 
     直焦〔F12、f.l.2400mm〕+テレプラス
     Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 1600〕



    ★月齢18       6月3日
mo-0603
 ・月齢18のお月さん

 〔撮影データ〕
     2018年6月3日 3:30  ・露出 1/320秒
     ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
     Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕



    ★最小の下弦     4月08日   ・4月09日
f-mo-0408-a
f-mo-0409-1
 (1)今年最小の下弦  4月8日 3:43 (撮影時刻)
  下弦の瞬間は8日16時18分なので、この画像は12時間30分ほど早い
  下弦時の月の視半径は14′47″で、これは今年13回ある下弦の中で最小
  ところがこの時間、日本では月は地平線の下!その前後を撮影した

  かつてひと月を上旬、中旬、下旬に分け、上旬の(月がみつる時になる)
半月を「上弦」、下旬の(月が欠ける途中の)半月を「下弦」といったらしい

   寒空の 下弦の月は いいかげん  (?)  
 (2)今年最小の下弦  4月9日 3:24
 (1)のおよそ1日後。下弦の瞬間より約11時間40分遅い

 〔データ〕
  (1)2018年4月8日 3:43 露出1/80秒
  (2) 〃  4月9日 3:24 露出1/40秒
 〔共通データ〕
     ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
     Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕




     ★三日月     2月18日 
mo-0218-1
mo-0218-2
 ・三日月は思ったより細い。右上が地平線方向。   (18:12 撮影時刻)
                          露出 1/13秒
  「三日月の船を浮かべる春の宵」 
 ・三日月の地球照            (18:14)
                     露出 6秒
 〔共通データ〕撮影:2018年2月18日
        ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
        Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕           



    ★トラペジウムとM42 2月9日 
m42-1
m42-2
 (1)トラペジウム〔オリオン大星雲の中心部の星〕    〔撮影 18:48〕
    オリオン大星雲はトラペジウムからの光で輝いている。
    5等から8等級の星が4つ、ゆがんだ四角形を作っている。
    トラペジウムの左下の3つの星は、右の画像の中央の明るい部分の左下
    に見えている

    上図は露出0.8秒の画像だが、長くすると右の画像のように大星雲
    の中に隠れてしまう。
 (2)オリオン大星雲〔M42〕              〔撮影 18:51〕
   冬空の王者オリオン座の小三ツ星の中央で輝く星雲。
   こちらは30秒の露出(ノートリミング)。
   鳥が羽を広げているようにみえるという。

 〔共通データ〕撮影:2018年2月9日
         ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
         Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 1600〕



     ★ターコイズフリンジ  1月31日 
tako-1
tako-2
 (1)21:36(撮影時刻)                〔露出 1秒〕
    月が本影に入る途中。地球の影の縁がやや青みがかっている。
    これがターコイズ・フリンジとかブルーエッジと呼ばれるものか。
 (2)21:41                         〔1秒〕
      皆既食になる10分前。こちらの縁にも見える。
      なんでも地球のオゾン層で曲げられた青い光が届くとか。



   ★皆既月食・一覧    1月31日 
syoku-1
 syoku-2
 (1)20:40(撮影時刻)             〔露出 1/800秒〕
    半影食。食が始まる約10分前。すでに左側が暗い。
 (2)20:55                      〔1/800秒〕
      食が始まって約7分の部分食。左から地球の影に
 syoku-3 syoku-4
 (3)21:25                       〔1/250秒〕
    食が始まって約40分
    黒い部分が地球の影
 (4)22:40                          〔6秒〕
      皆既食。月が地球の本影のやや南を通過
      食の中央時刻は22時30分
      「冬の月 光失う 月食だー」
syoku-5
 syoku-6
 (5)22:55                        〔6秒〕
     本影から南東(左下)に抜け出す月
     皆既中の月は暗く露出時間を長くしている
 (6)23:17                         〔4秒〕
      皆既食終了の約10分後の部分食。雲が出てきた
      月は視野の中をどんどん東(左)へ進んでゆく
 syoku-7 syoku-8
 (7)23:45                        〔1/15秒〕
     皆既食終了の約30分後
     食の終了は24時12分

   ◎大方の天気予報はこの夜曇りだったが
     良く晴れた!!
   「月食を 見よとばかりに 空晴れる」
 (8)24:32                       〔1/500秒〕
      食の終了後20分の半影食。北西(右上)がやや暗い  
      再び晴れてきた!
      「食終り よみがえるかな 冬の満月(つき)」

  〔共通データ〕ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
         Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕



   ★皆既食の最大   1月31日 
kk-cen-1
 ★皆既食の最大時の月(食分1.32) 月が地球の本影のやや南を通過したため、北(上)が比較的暗くなっています。

    ・1月31日、日本で3年ぶりの皆既月食が起きました。天気予報ではその日の午後または夜から曇だったのですが。
     夕方、少し雲があったものの、月が昇るにつれ絶好の観測日和となりました。奇跡的!
     この日は月が地球に近い「近地点」の翌日で、いわゆるスーパームーン。
     見かけの大きさが大きく、画角いっぱいです。さらにひと月に2回目の満月で「ブルームーン」。
     おまけに皆既食中の月は赤銅色で「ブラッドムーン」とも呼ばれるとか。
     話題に富んだ皆既月食でした。
     次の皆既月食は7月28日の未明で、日本では「月入帯食」となります。
   

 【撮影】・1月31日 22:30  露出:6秒 1コマ(ノートリミング)
      ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦点〔F12、f.l.2400mm〕
      Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO 400〕



   ★ぎょしゃ座の3天体 1月16日 
m36-1
 m38-1
 ・M36 散開星団  ぎょしゃの五角形の中 ・M38 散開星団  五角形の一番中
M37-1
 ・ぎょしゃ座の3つのM天体です。いずれも散開星団で、それぞれ微妙に
  異なっています。細やかさではM37、粗い感じのM36、その中間ぐらい
  のM38です。


 【撮影】・1月16日 19:02~19:17
   M38:15秒×4、20秒×5 9コマ合成
   M36:15秒×4、20秒×4 8コマ合成
   M37:15秒×4、20秒×4 8コマ合成

      ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦点〔F12、f.l.2400mm〕
      Canon Eos5DMarkⅡ〔ISO6400〕
 ・M37 散開星団   五角形の外      ・



    ★かに星雲  1月16日
m1-0116
 ★かに星雲(M1)/超新星残骸/おうし座
   ・西暦1000年ころに観測された超新星の残骸が、このかに星雲ではないかと、
    あのE.ハッブルが1920年代の終わり頃に指摘したという。
    佐渡島のように見えるともいわれる。
  
 【撮影】・1月16日 18:53~18:57  30秒 8コマ合成(トリミング)
      ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦〔F12、f.l.2400mm〕
       Canon Eos 5DMarkⅡ(ISO6400)



    ★ふたご座の2天体 1月16日 
m35-1
n-2392-1
 ★散開星団M35/ふたご座
 ふたご座の散開星団。向かって右のカストルの足元にある散開星団。

【撮影】・1月16日 19:20~19:22 
      8秒×4、15秒×4 8コマ合成
  〔共通〕 ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦点〔F12、f.l.2400mm〕
       Canon Eos 5DMarkⅡ(ISO6400)
★エスキモー星雲・NGC2392/惑星状星雲/ふたご座
  ふたご座の左、ポルックスの胸のあたりの惑星状星雲
  周辺部がエスキモーのかぶっているフードに見えたためにこう呼ばれたという
 
   「冬空で 星を観ている エスキモー」

【撮影】・1月16日 19:34~19:36  20秒×4コマ合成   



   ★スーパームーン  1月2日
0102-1
 ★スーパームーン(今年最大の満月)
    ・月が地球に近い近地点の当日の満月で、いわゆるスーパームーン。
     翌3日が地球がもっとも太陽に近くなる近日点を通過の日。当然、太陽と月の距離も近く
     スーパームーンの中でも、ひときわ明るく輝いたと想像される。高度が低く、赤味を帯びている。
    ・今年13回ある満月のうち、最大の満月(画角がぎりぎり)。
    ・望(満月)の時刻はこの日の11時24分で、視半径16′45″。 望の約5.5時間前の月

 【撮影】・1月2日 5:58  1/400秒 1コマ(ノートリミング)
      ニコン20㎝屈折望遠鏡 直焦点〔F12、f.l.2400mm〕
0102-2
0102-3
 ★口径8cmの望遠鏡で見たところ

【撮影】・1月2日 6:02  1/200秒 1コマ
      五藤8㎝屈折望遠鏡 直焦点〔F15、f.l.1200mm〕
★月光天文台の西の愛鷹山(あしたかやま)に沈もうとする満月
【撮影】・1月2日 6:15  1.6秒 1コマ
      Canon Eos5DMarkⅡ〔F4.5、f.l.45mm〕

 ・翌3日の夜明け前、用事で東名高速を沼津インターから西へ向かった。
 前方に丸い月が出ているのを詠める
   東名で スーパームーンを 追いかける
               西行法師小僧 
 
             以上
picup