月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台


 夜空 2019     ->  2018  2017  2016   2015  2014 

    ・望遠鏡天体(太陽・月・惑星・彗星・星雲・星団など)   ・昼間の金星   


未明の金星と木星   1月11日        ★金星と木星   1月15日        ★金星と木星   1月16日
金星と木星      1月18日        ★夜明けの2惑星  1月19日



    ★夜明けの2惑星  1月19日
evj-0119-1
 ・明けの東の空の金星(上)と木星(下)。木星の右はアンタレス
 
  2つ星夜明けの空を飾ってる

  金星が木星の北に並ぶのは1月22日前後、両惑星が地平線に平行に横に並ぶのは25日頃です。

 〔データ〕2019年1月19日 5:55
      CanonEos5DMarkⅡ(ISO6400) ポラリエで追尾
      F4.5 f 35mm 露出1.3秒・4コマ合成/函南町
      ステライメージ8、photosho




    ★金星と木星      1月18日
evj-0118-1
 ・未明の金星(中央上)と木星(その左下)

  金星の高度がしだいに下がっている。明るいが下り坂の金星。明るさでは引けるが昇る勢いの木星。
  天上で主役の交代が起きようとしている!


 〔データ〕2019年1月18日 5:09
      CanonEos5DMarkⅡ(ISO6400) ポラリエで追尾
      F4.5 f 50mm 露出8.0秒・4コマ合成/函南町
      ステライメージ8、photosho




    ★金星と木星   1月16日
evj-0116
・未明の金星(中央上)と木星(その左下)

  金星の光度はマイナス4.4等、木星はマイナス1.8等で、いずれもほかの星々を圧倒的に明るい!
  2大スターの共演だ!

  明けの空 2大スターの 共演だ

 〔データ〕2019年1月16日 5:35
      CanonEos5DMarkⅡ(ISO6400) ポラリエで追尾
      F4.5 f 50mm 露出4.0秒・4コマ合成/函南町
      ステライメージ8、photosho




    ★金星と木星   1月15日
EVJ-0115-1
 ・明けの空の金星(中央)と木星(その左下)

  金星は動きが大きい。真夏のさそり座が1月の明け方に姿を見せている

 〔データ〕2019年1月15日 5:21~5:22
      CanonEos5DMarkⅡ(ISO6400) ポラリエで追尾
      F4.5 f 50mm 露出6.0秒・4コマ合成/函南町
      ステライメージ8、photoshop




    ★未明の金星と木星   1月11日
evj-0111
 ・未明の東の空の金星(中央上)と木星(その左下)。
  木星の右にさそり座のアンタレスが見える。
  明るい2つの惑星のツーショット!

 金星は2019年1月6日に西方最大離角となり、しだいに太陽に近づいている。木星は2018年11月26日に合(ごう:太陽と同じ方向)となって明けの空に移り、太陽から離れつつある。2つの惑星はたがいに接近するように動いている。
 2つの惑星がすれ違うのは1月22日なので、そのころ金星と木星の接近のようすが見られる。
 寒いが夜明けが遅いので、見やすい天文現象だ!

 〔データ〕2019年1月11日 5:52(撮影時刻)
      CanonEos5DMarkⅡ(ISO1600) ポラリエで追尾
      F4.5 f 45mm 露出2.0秒・4コマ合成/函南町
      ステライメージ8、photoshop


   以上
picup