月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 見聞録 > 見聞録M-2017

見聞録-M  2017(平成29年)   -> 見聞録-2016  見聞録-2015

こよみ文化ミニフォーラム  4月6日     ・神縄断層   4月14日       ・道の駅・プレオープン  4月30日
暦文協総会        8月26日

    ・暦文協総会リポート         8月26日 
reki-1
reki-2
 ・佐野みどり氏(学習院大学教授:中央)の講演(午後1時より)「待つと惜しむの美学ー日本美術に見る季節」に続いて行われたパネルでスカッション「季節とこよみ」のもよう。左は暦文協理事長中牧弘允氏。右は奥野卓志氏(山階鳥類研究所所長)。  
 ・三嶋暦の会の河合龍明氏による活動報告。三嶋暦師の館を拠点に様々な活動をされている。
reki-3
reki-4
・暦文協発行の来年のカレンダーを紹介する小川益男氏(暦文協監事)。暦のテーマは江戸の大小暦(太陰太陽暦の各月の大小を判じ物の絵柄にした絵暦)。 ・日本画を用いたカレンダーなど、いくつかの広報が行われた。
  東大弥生講堂の広々とした内部。
reki-5
reki-6
 ・休憩時間の受付のようす。ロビーには日本画のカレンダーが展示された。
 涼しそうだが外は猛暑。
 ・午後3時半より暦文協定時総会が開催され、活動報告、決算報告が無事承認された
reki-7
reki-8
 ・午後4時半より懇親会。あいさつを述べる奥野氏。
 和やかな懇親会となりました。
 ・中央は平井正則氏(暦文協副理事長・福岡教育大学名誉教授)。
  左は細井浩志氏(活水女子大/長崎)
 reki-11
 ・中牧理事長と片山真人氏(国立天文台暦計算室:後列右から2人目)と暦の会メンバー
 


    ・道の駅・プレオープン  4月30日 
miti-0430-4
miti-0430-3
 ・展望歩道橋から見た富士山  
 ・展望歩道橋があり、素晴らしい景観が楽しめる
miti-0430-1
miti-0430-2
・地元函南町に道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」がオープンした
  初夏の陽気で大勢の人が来ている
 ・今日はプレオープンで、明日5月1日、グランドオープン


    ・神縄(かんなわ)断層 4月14日  
kan-1
kan-2
 ・月光天文台のスタッフが、小山町にある神縄断層に行ってきた  
 ・小山町教育委員会による立派な看板が
kan-3
kan-4
・けっこうな斜面。途中の道はかなり険しいとのこと
 ・タテの断層の右が伊豆半島、左が本州



   ・こよみ文化ミニフォーラム 4月6日 
kita-1
kita-2
 ・北トピアから北を望む 東北新幹線が北上していった  
 ・・北トピアの17階から南を見たところ 王子駅と飛鳥山公園が見える
kita-3kita-5
・東京スカイツリー
 ・北トピアノの北側の満開の桜
kita-5
 ・去る4月6日(木)、王子の北トピアで暦文協主催の
 「こよみ文化ミニフォーラム」が開催されました。
  その一部のリポートです。
  近くの飛鳥山公園は桜が満開でした。

 ・展示ホールでは「カレンダー新作展示会」 
kita-6
kita-7
 ・来年のカレンダーが多数展示された
 ・ミニフォーラムの最初は石原幸男氏による「うるう秒と潮汐摩擦」
  この後、3人が報告と講演を行った


                                     〔以上〕
picup