月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

「月まで3km」の道路標示看板
トップページ > 見聞録 > 第2次『月旅行』に行ってきました。
2015年4月4日は、皆既月食の日でした。

ぜひとも、今回は「月」で月を見たい!と考え、第2次『月旅行』を画策、浜松市天竜区月に出向くこと
にしました。

前回の2014年3月15日に実行した第1次『月旅行』では、電車とバス、徒歩にて磐田から山東、伊砂
を経由して「月まで3km」の道路標示看板を見て、月集落のほぼ中心部に向かいました。帰りの路線バス
の時間帯の都合から日帰りとしましたが、月食を見るとなると装備や滞在時間の関係から、どうしても
一泊せざるを得なくなります。そのため、レンタカーを借りての車中泊を前提とした行程にしました。

菜種梅雨の時期ですので、晴れるかどうかは未知数でした。予報では、北日本ほど晴れる可能性が高い
とのことでしたが、「月」に行く以外の選択肢はなく、雨が降ったらその時はその時、と割り切ることに
決めました。

掛川駅に到着した12時頃には、まるで本当の梅雨が明けたか、あるいは梅雨の中休みの様な天気となっ
ていました。



JRの駅レンタカーで車を借り、いざ出発!日没くらいまでは、好天気でした。

さて、レンタカーで掛川を出発する際、カーナビに目的地をどう設定するべきか、少しばかり躊躇しました。
『月』で目的地が定まるものか?

「月」と言ったら、大抵の人は宙の38万km彼方にある天体の方をまず思い浮かべるはず。仮にもし、カー
ナビが天体の方の月を目的地にしてしまうようならば、乗用車程度では能力不足、ずっと地上をぐるぐると
走り続けることになってしまいます。

そうではなく、「月」という名称の施設を候補地としてリストアップする可能性も多分にあります。そういう
場所は日本国内にもたくさんあり、カーナビに「月」で目的地を入力したところ、やはりそういう場所がたく
さん出てきて、絞り込めそうにない感じでした。

いずれにしても、本来の目的地からはかなり離れた、明日か明後日の方向になってしまいそうなので、天竜区
月に一番近く、まず間違えそうにない「船明(ふなぎら)ダム」を目的地として設定しました。

途中、袋井市の『月見の里』という場所も通過しております。
『月』に向かう途中だから『月見の里』なのか、などとも考えたのですが、袋井市の市が運営する複合施設の
名称で、図書館やコンサートホール、プールなどを備えた生涯教育・レクリエーション施設のことのようです。

他には、風力発電施設の脇の桜の木が並ぶ場所の近くも通過しました。



天竜浜名湖鉄道の沿線ですので、掛川駅から乗り換えてこの付近を通過するときにも見られると思います。



こちらが、目的地としてカーナビで指定した船明ダム湖の脇です。今回は4月上旬の訪問ですので、咲いて
いるのは恐らくソメイヨシノだと思います。

このページのトップ画像(カスタムメイン画像)が、今回再訪してとらえた「月まで3km」の道路標示看板
です。近くまで来たならばぜひもう一度見ておきたい、と画像を撮りました。天気は、前回の方が間違い
なく良いですね。



前回の訪問時では、徒歩ゆえに集落中心部の「月橋」をゴールとして、ダム湖の対岸側の「月」バス停に
向かいましたが、乗用車であればそれほど大変ではないので、県道360号線をさらに北上して船明ダム湖
の湖尻付近にまで向いました。

(次ページに続く)


<① <② <③ 

<戻る 次へ>


報告者: U.M. (月光天文台)



picup