月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 学習の部屋 > クイズ-ロケット

クイズ  -ロケット-

 文章に合った答えを右のA・Bから選びましょう。
 
  問 題  答 え
 (1)打ち上げたロケットが、地球を回る軌道に乗るのに必要なスピード? A 毎秒約1km、B 毎秒約8km
 (2)ライフル銃の弾のスピードは毎秒およそ? A 2km、B 10km
 (3)世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた旧ソ連のロケット〔R-7]を開発し、極秘にされた人物とは? A ガガーリン 、B コロリョフ
 (4)1940年代にドイツで開発され、ロンドンの爆撃などに使用されたロケットは? A V-2、B R-1
 (5)1960年代、人類を月に送った史上最大のアメリカのロケット? A 長征1号、B サターンV
 (6)1955年、糸川英夫博士が横に打ち出した、日本初のロケットの名前? A ペンシルロケット、B リサイクルロケット
 (7)カッパロケットに続き、日本初の人工衛星〔おおすみ〕を打ち上げたロケット? A ベータロケット 、B ラムダロケット
 (8)1994年に完成した、すべて日本国産技術の液体燃料ロケット? A オゾンロケット、B H2ロケット
 (9)2013年9月、固体燃料ロケットとして7年ぶりに打ち上げられた日本のロケット? A イプシロンロケット、B サムライロケット
 (10)2014年に打ち上げられた陸域観測衛星〔だいち2号〕の重さは約2トン。では退役したスペースシャトルの、打ち上げ時の重さは? A 約20トン、B 約2000トン
 〔参考:ロケットの科学/サイエンス・アイ新書/ソフトバンククリエイテブ〕


クイズ  -ロケット- 〔解答編・正解は黄色

  問 題  答 え  備 考
 (1)打ち上げたロケットが、地球を回る軌道に乗るのに必要なスピード? A 毎秒約1km、B 毎秒約8km 地球周回軌道へは秒速7.9km、さらに地球を離れるには秒速11.2kmが必要
 (2)ライフル銃の弾のスピードは毎秒およそ? A 2km、B 10km ライフル銃の弾丸のスピードは秒速1~2kmという
 (3)世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた旧ソ連のロケット〔R-7]を開発し、極秘にされた人物とは? A ガガーリン 、B コロリョフ 世界初の人工衛星を打ち上げたコロリョフは、極秘にされた
 ガガーリンは世界初の宇宙飛行士
 (4)1940年代にドイツで開発され、ロンドンの爆撃などに使用されたロケットは? A V-2、B R-1 ドイツのV2ロケットを改良したものが、ソ連の〔R-7〕といわれる
 (5)1960年代、人類を月に送った史上最大のアメリカのロケット? A 長征1号、B サターンV 初の人工衛星打ち上げより12年後の1969年7月、米のサターン5型ロケットにより人類が月に到達
全長110m
 (6)1955年、糸川英夫博士が横に打ち出した、日本初のロケットの名前? A ペンシルロケット、B リサイクルロケット 全長約30cm
 (7)カッパロケットに続き、1970年、日本初の人工衛星〔おおすみ〕を打ち上げたロケット? A ベータロケット 、B ラムダロケット ギリシア文字の順でκ(カッパ)、λ(ラムダ)、μ(ミュー)と続く
 (8)1994年に完成した、すべて日本国産技術の液体燃料ロケット? A オゾンロケット、B H2ロケット 1969年に創設された宇宙開発事業団(NASDA)は、1970年から米のデルタロケットの技術供与を受け、Nロケットの開発をスタート
 (9)2013年9月、固体燃料ロケットとして7年ぶりに打ち上げられた日本のロケット? A イプシロンロケット、B サムライロケット パソコン2台で打ち上げ管理ができるとされる
 (10)2014年に打ち上げられた陸域観測衛星〔だいち2号〕の重さは約2トン。では退役したスペースシャトルの、打ち上げ時の重さは? A 約20トン、B 約2000トン スペースシャトルは2回の事故で点検・整備に時間と費用がかかり、運用が終了する要因となった


picup