月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 行事案内 > 第20回 宇宙と天文の講演会 『流星群とその由来天体から地球生命の起源に迫る』

恒例の「宇宙と天文の講演会」。今年、5月も講演会を開催する運びとなりました。            


2018年5月12日(土) 午後2:00~3:30
第20回 宇宙と天文の講演会 『流星群とその由来天体から地球生命の起源に迫る』
                          
荒井 朋子(あらい ともこ)先生 
千葉工業大学 惑星探査研究センター 理学博士

                                 -> リポート

■概要
 炭素や有機物を含む塵(ダスト)が年間数万トン以上も宇宙から地球に降っていることが近年明らかになり,地球の生命の種が宇宙からやって来た可能性が注目されています。その可能性を調べるため、地球に降ってくるダストの研究が惑星科学や天文学の分野で進んでいます。中でも、流星群のダストをもたらす天体(彗星や小惑星で流星群の母天体と呼ばれる)は、地球に生命の種をもたらした可能性のある天体として重要です.本講演では,流星群および流星群の母天体を研究する宇宙ミッションについて,その最前線をご紹介していきます.

 今回は,千葉工業大学主席研究員・荒井 朋子先生をお招きし,「流星群とその由来天体から地球生命の起源に迫る」というタイトルでご講演を戴きます.

 また、講演の後には、質疑応答時間も設けています.太陽系科学研究の第一人者に、じかに質問をぶつける絶好のチャンスです!


ISS搭載「メテオ」カメラが捉えたペルセウス座流星群の火球
        (Credit:千葉工業大学惑星探査研究センター).
■講演者
 荒井 朋子(あらい ともこ)先生について—.東京大学理学部地学科卒業, 同大学大学院理学系研究科博士課程修了. 博士(理学). 専門は鉱物学,惑星科学.
 大学院在学中,日本学術振興会特別研究員としてNASAジョンソンスペースセンター(JSC)及びカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に留学.学位取得後,宇宙開発事業団(NASDA-現: JAXA)にて約7年間,国際宇宙ステーション(ISS)の生命科学実験棟や搭載実験機器及び月探査衛星『かぐや』の開発に従事.退職後は国立極地研究所,東京大学総合研究博物館を経て2009年4月の千葉工業大学惑星探査研究センター(PERK)設立時より現職.ISSから流星観測プロジェクト『メテオ』及び小型科学衛星による小惑星フェートン探査ミッション『デスティニープラス』の主任研究者.その他『はやぶさ2』探査, ESAのRosettaミッションにも関わる.2013年に米国南極隕石探査に参加.2014年に小惑星22106Tomkoaraiが命名された.




講演者・荒井 朋子先生の近影
 前回の第19回宇宙と天文の講演会でも,講演会開始前の時間にミニコンサートに出演,素敵な演奏を披露して下さいました.
 今回も,講演会のテーマに沿うような曲目での演奏を依頼,再登場して戴きます.
 講演会にお早めにいらした方には,ささやかな幸運が待ち受けております.

 ぜひお楽しみ下さい.


 たなか みどり(田中 みどり- みどり音楽工房 代表)
1969年山梨県生まれ 静岡大学教育学部卒
静岡県立三島南高等学校非常勤講師
ボーカリスト兼作曲・編曲家.歌声教室や音楽教室の開催も行なっています.
日時 2018年5月12日(土)
 開場 午後1:30 開演 午後2
:00~3:30
会場 韮山時代劇場 大ホール
対象 小学生以上
入場料 無料
参加人数 先着300名
参加方法
 事前に参加登録が必要となります。

 ・電話、FAXからお申込み
 下記の内容をお伝え下さい。
 ○代表者の氏名
 ○郵便番号、住所
 ○電話番号
 ○参加人数
 (大人、大学生、高校生、中学生、小学生)
 Tel. 055-979-1428 Fax. 055-978-7601

 ・インターネットからのお申込み  
 21
お問合せ先
 公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台
 TEL 055-979-1428 FAX 055-978-7601



  ・リポート  第20回「宇宙と天文の講演会」
koe-1koe-3
 ・好天に恵まれた韮山文化センター(時代劇場)/伊豆の国市 ・講演会の前、澄んだ歌声と確かな演奏を聞かせてくれました。
 たなかみどりさんのミニコンサート
koe-5koe-6
 ・講演タイトル
   宇宙から飛来する隕石や流星などを研究し、地球の生命の起源をさぐるという壮大なテーマ
 ・荒井朋子教授/千葉工業大学・惑星探査研究センター主席研究員
 同大学には松井孝典教授もいらっしゃる
koe-7koe-8
 ・とてもわかりやすく、宇宙から流星を観測する「メテオ」プロジェクトなどについて解説していただきました ・程よい気候の中、200名を超える参加者が耳を傾けました
koe-9koe-17
 ・隕石を求めて南極やサハラ砂漠にまで訪れたとのこと ・「メテオ」プロジェクトでは国際宇宙ステーション(ISS)のアメリカの実験棟の丸い窓に、流星観測カメラが設置されることに。
 ところが観測装置を運ぶロケットが2回も失敗しました!めげません。2016年7月ついにファーストライト!ISSから見た流星の動画を披露してくれました。
koe-16
koe-13
 ・質疑応答では、つぎつぎといろいろな質問があり、時間いっぱい応答していただきました。質問に答える荒井先生。 ・「Believe in your mission!」
 「あなたの使命を信じなさい!」とでも訳すのでしょうか。
 力強いメッセージを月光天文台にいただきました。 
 koe-15
・講演会の支援に参加した月光天文台のスタッフ・ボランティアスタッフの皆さんと
 ・第20回宇宙と天文の講演会「流星群とその由来天体から地球生命の起源を探る」・荒井朋子主席研究員/千葉工業大学
                                            韮山文化センター/5月12日(土)/2018


picup