月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 行事案内 > 企画展「カレンダーで見る2019年」ーご案内

★月光天文台・企画展

    「カレンダーで見る2019年」  

          - 天象と歴史 - 

  〔暦の概要〕  〔各月の主な天象〕  〔歴史トピックス

1905-gazo
・元号が改まる5月/2019年版

・日食、月食、惑星現象など、天文カレンダーなどから2019年の天文現象を紹介!
・また歴史的なイベントを辿り、暦の話題を紹介します


タイトル:企画展「カレンダーで見る2019年 - 天象と歴史 -」
会  場:月光天文台 3F・コスモワールド
期  間:11月17日(土)~2月11日(月) 
      ▲休館:月曜・第4木曜  ▲年末年始休館:12月25日~1月4日
時  間: 9:30~17:00
見学料 : 大人600円、小人300円(コスモワールド、ジオワールド見学を含む)
主  催:月光天文台
お問合せ:月光天文台 Tel.055-979-1428

                                

〔暦の概要〕
 
 平成31年・2019年の暦
  平成31年(4月まで):日本紀元 2679年、昭和94年、大正108年、明治152年 
           
       己亥(つちのとゐ)・い年、八白土星、  〔平年〕

        5月 改元

        
〔人類月到達から50年〕
        〔月の裏側、写真撮影60年〕

       旧正月 2月16日  ※旧暦は平年
        ◆旧暦行事(各現行太陽暦での日付)
         旧ひな祭:4月18日    旧端午の節句:6月18日   旧七夕:8月17日
         中秋の名月:9月24日   旧重陽:10月17日     十三夜:10月21日

  西  暦    2019年   イースター 4月21日
 中国春節    2月5日   ※太陰太陽暦による伝統的新年(日付は毎年変わる)
 中華民国紀元  108年
 タイ仏滅紀元  2562年
 イスラム暦   1441年の年初 2017年9月1日ころ(暫定) 
          ラマダン 5月5日~6月3日(暫定)
 イラン暦    1398年の年初 2018年3月21日(春分)
 エチオピア暦  2012年の年初 2019年9月11日
 ユダヤ暦    5780年の年初 2019年9月30日  ※前日の日没より


 ★2018年の主な天象
    日食が3回、月食が2回あります。
    日本では1月の部分日食と12月の金環日食の一部、および7月の部分月食の一部が見られます。
    1月6日の部分日食は、午前中、全国で見られるでしょう。
    7月17日未明の部分月食は、九州、沖縄等で月入帯食となります。
    12月26日、お昼頃からの金環日食は、日本各地で部分日食が見られます。ただ東日本では日入帯食となります。


  2019年の各月の天象            
  ◆1月
   4日 しぶんぎ座流星群極大(11時・良)
   6日 明けの金星が西方最大離角
   6日 部分日食 日本各地で見られる 食の最大・東京10時6分   ・部分日食観望会
   21日 皆既月食 日本では見られない・南北アメリカ大陸等で起きる 
   22日 明け方、金星が木星に接近  
  ◆2月
   20日 今年最大の満月
   27日 宵の水星が東方最大離角(夕方では今年一番の見ごろ)
 ◆3月
  21日 春分
 ◆4月
  12日 明けの水星が西方最大離角   
 ◆5月
  12日 今年最大の上弦
  27日 今年最小の下弦
 ◆6月
  11日 木星が衝
  22日 夏至
 ◆7月
  3日 皆既日食 日本では見られない・チリなどで皆既食
  4日 昼間の火星食  食の始め・東京15時5分
 10日 土星が衝 
 17日 西日本・九州などで未明の部分月食 食の始め5時1分 東京・月没4時43分       
 ◆8月
   7日 伝統的七夕(旧暦7月7日)
  13日 金星が外合・->宵の空へ
  13日 ペルセウス座流星群(16時・悪)
 ◆9月
  11日 海王星が衝
  13日 中秋の名月(旧暦8月15日)
  14日 今年最小の満月
  23日 秋分
 ◆10月
  28日 天王星が衝

 ◆11月
   1日 今年最大の下弦
  11日 水星の日面経過(日本では真夜中で見られない)
  28日 明けの水星が西方最大離角(明けの水星の今年一番の見ごろ)  
 ◆12月  
   4日 今年最小の上弦   
  11日 夕方、金星が土星に接近
  15日 ふたご座流星群明けの金星が最大光度
  19日 今年最大の下弦
  22日 冬至
  26日 金環日食 食の最大・東京15時35分
      日本では部分日食 東日本等では日入帯食


   「カレンダーで見る2019年」       
       タイトル
 年.月.日         前
      歴史トピックス・イベント
     「きぼう」完成 
 2009.7.19(平成20)   10年
 国際宇宙ステーション(ISS)に日本の実験棟「きぼう」が完成
 土井隆雄氏、星出彰彦氏、若田光一氏等の宇宙飛行士により建設される
    平成最初の日 
 1989.1.08(平成元年)  30年
  昭和天皇の崩御の翌日、今上天皇が即位され平成となる
   人類、月到達
 1969.7.20(昭和44.7.21 JST)   50年
  NASA、宇宙船アポロ11号より、月着陸機イーグルが分離し、アームストロング船長とコリンズ飛行士が、人類として初めて月に到達
    月の裏側撮影 
1959.10.07(昭和34)  60年
 旧ソ連の月探査機「ルーニック(ルナ)3号」、月の裏側の写真撮影に成功
   表に比べて黒い海の部分が極端に少なかった
    宇宙の膨張を発見
1929          90年
  アメリカの天文学者E.ハッブルが、当時世界最大の口径100インチ(2.5m)望遠鏡による多数の銀河の観測から「ハッブルの法則」を発表
    元素周期律を発見
1869.3.06       150年
  ロシアのメンデレーエフ、元素の周期律を発表
     銀板写真を発表
1839.8.19       180年
  フランスのダゲール、銀板写真(ダゲレオタイプ)を発表
    惑星の運動法則
1619          400年
  ドイツのケプラー、1609年に発表した惑星の運動第1、第2に続いてこの年、惑星の運動の第3法則を発表
  第1法則:惑星は太陽をひとつの焦点とする楕円軌道を運行する
  第2法則:太陽と惑星を結ぶ線分は、単位時間に同じ面積を描く
  第3法則:惑星の公転周期の2乗は、軌道長半径の3乗に比例する


picup