月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 暦と歳時記 > 第14回宇宙と天文の講演会- リポート


第14回 宇宙と天文の講演会 
「太陽研究最前線:ひので そしてSOLAR-Cへ」


講師:清水敏文(しみず としふみ)理学博士・JAXA准教授 
    太陽観測衛星「ひので」・プロジェクトマネージャー

-> ポスター

日時2015年5月9日(土) 午後2時~3時30分会場 韮山時代劇場 大ホール

koen-1
koen-2
■会場の韮山文化センター・大ホール
 曇り空で過ごしやすいお天気
■受付準備
 今回初の天文グッズ販売も好評だった
koen-3
koen-4
 ■会場の内部 ■約220名が参集
koen-5
koen-6
 ■人間の生活にもっとも影響の大きい太陽について、熱く語る清水先生
 ■太陽の黒点活動に異変は起きているか?
koen-7
koen-8
 ■清水先生は、太陽観測衛星「ひので」のプロジェクトマネージャー
 後継機の「SOLAR-C」の開発にも深くかかわっておられる
 ■約1時間15分の講演後、多くの質問がなされた
 演台の前に出て、質問に応答する清水先生
koen-9
 ・スタッフと共に大ホールのロビーにて記念撮影。中央パネルの右下は、司会を務められた鈴木薫さん
    太陽模型は演台の隣を飾った



picup