月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 暦と歳時記 > 暦と歳時記-2017

  暦と歳時記 2017 

      富士山-2017
 
 ・朝焼けの富士山  1月1日    ・1月6日の富士山 1月6日    ・観望会   1月13日、28日       ・紅 梅  2月3日
 ・白 梅      3月12日   ・ラジオに出演   3月14日   ・ミャンマー駐日大使閣下ご夫妻 3月24日  ・花 々  4月3日
 ・新 館      4月3日    ・ソメイヨシノ   4月14日   ・木星観望会  4月15日        ・新 館   4月16日  
 ・科学技術週間イベント 4月22日  ・新館2ドーム 4月28日     ・新館完工までの記録   ~4月28日   ・新館竣工式 5月26日
 ・新館と富士     6月3日

    ・新館と富士     6月3日
shin-0603
 ・月光天文台新館の右に富士山が見える


   ・月光天文台新館竣工式   5月26日(金) 
syu-1
syu-2
 ・新館のロビーに式典の準備が整えられた ・約50名の出席者
syu-3
syu-4
 ・雨の中、森函南町長がかけつけた
   出迎える古家事務局長
 ・建設関係者と地元の有志、関係者等が参列
syu-5
syu-6
 ・昨年4月の起工式より約1年で完工 ・森延彦町長の挨拶 「月光天文台は函南町の宝です!」
syu-8
 syu-9
・竣工式典が厳かに執り行われた
・感謝の祝詞の声が響き渡る
syu-10
syu-11
 ・式典の後、挨拶を述べる中野良子・国際文化交友会理事長 ・お祝いを述べる仁科喜世志・静岡県議会議員
syu-12
syu-13
 ・設計の成和設計の社長・中岡氏に感謝状 ・施行の柿崎組社長・大坂氏に感謝状
syu-15
syu-14
 ・挨拶に並ぶ参加者 ・4階のムーンカフェでも歓談


   ・新館完工までの記録   2016年3月~2017年4月28日 
shin-1
shin-2
 ・旧プラネタリウム館の跡地       2016年3月1日 ・月光天文台・新館起工式             2016年4月5日
shin-3
shin-4
 ・コンクリ打ち  1階から4階まで、配筋、型枠作り、コンクリ打ち、
型枠解体が繰り返された                  8月8日
 ・建物が高くなるにつれ、周囲の足場も高くなる
                            11月18日
shin-005
shin-6
 ・足場がとれ、周囲の舗装がなった新館      2017年 4月19日 ・入口の八重桜が咲き始めている               4月20日
shin-8
 shin-7
・太陽望遠鏡のドームを設置                4月27日
・50cm反射望遠鏡の搬入                 4月25日
 shin9-a
 ・新旧、3つのドームが並んだ  ほぼ完工!                              4月28日
shin-8
shin-5
 ・4階のアマテラスから南西を望む            4月20日
 ・屋上から見た西の駿河湾方向            3月19日



    ・新館2ドーム 4月28日(金) 
shin-0428-1
shin-0428-3
 ・太陽望遠鏡のドーム(左)が、昨日設置された
  望遠鏡は秋に導入予定
 ・入口の八重桜が満開
   3つのドームがそろった


    ・科学技術週間イベント  4月22日(土)  
koen-0422-1
 koen-0422-3
 ・演題「地球という名の航海者たち」
 紹介を受ける溜光男氏/プラネタリウム館
  ・地学ミニ講座「日本のオンリーワン≪伊豆半島≫」
  函南町のジオポイントを紹介する大坂規久氏
  /天文台本館2F
koen-0422-2
 koen-0422-4
 ・講演の後の溜氏。約60名の参加者が、壮大な航海のお話
に聞き入った。
  ・伊豆半島の生い立ちについて語る妹尾友子氏
   約20名が参加した


     ・新館がお目見え  4月16日
shin-0416
 ・月光天文台(奥)と手前右のプラネタリウム館の間に建った月光天文台新館
 庭の舗装が完了したところ。4階建てで、1階に事務所と売店、2階に地学関係、3階
に天文関係の展示、4階が観測室となる予定。

    ・木星観望会 4月15日
kanbo-0415
 ・ISSを見上げる観望会参加者
 今年初めての木星観望会。4月8日に衝となって、宵の
空で観測シーズンを迎えた木星を観望。
 午後7時過ぎ、国際宇宙ステーション(ISS)が空を横
切って、思いがけない光景を見ることができました。
 望遠鏡では、木星の衛星が3つ見えました。
 やや風があったものの、寒く無く、星を見るのに良い季
節となり、約20人が参加しました。

    ・ソメイヨシノ   4月14日  
saku-1
saku-2
saku-3
saku-4
 saku-5saku-7
・ソメイヨシノ
 


   ・新 館 4月3日 
shinkan-0403-1
shinkan-0403-2
 ・新館の姿が見えてきた ・新館とプラネタリウム(右奥)


    ・花 々 4月3日 
hana-3
 hana-4
 ・比較的早く咲く桜がやっと満開 ・桜の上に月が出ていた
hana-1
hana-2
 ・平野部よりだいぶ遅く、ハクモクレンが満開 
 ・黄水仙のまぶしい黄色


   ★ミャンマーのタン・ジン駐日大使閣下ご夫妻来台  3月24日 
myanma-0324-1
myanma-0324-2
 (1)太陽黒点を見られるタン・ジン大使閣下 (2)渡邉忠理事の話を聞く大使ご夫妻
myanma-0324-3
 (3)月光天文台の庭で。大使御一行は、完成に近い天文台新館の中もご覧になられた。


   ・ラジオに出演   3月14日
radio-0314-1
  ・月光天文台の神田善国副台長が、地元のSBS(静岡放送)のラジオ番組
「発見!未来づくりカンパニー」に出演しました。星空の魅力や、秋の新館
オープンについて、中村こずえ氏のリードで10分間ほど話をしました。上は
その時に贈られた同時録音CDの表紙です。
 静岡県ではかなりの宣伝になったと思われます。
 秋の新館オープンに向けて弾みをつけたいですね!
 なお現在の天文台本館の公開は、残り半年ほどです。機会にご来場下さい。


    ・白梅   3月12日  
ume-1ume-2
 (1)白梅を屋上から撮影 (2)白梅
ume-3
ume-4
 (3)まだ蕾もある (4)足場が取れて新館(右)が見えてきた


     ・紅梅 2月3日 
uma-1
ume-2
 (1)天文台の前に紅梅 (2)天文台は平地より寒く、開花が遅い
ume-3
ume-4
 (3)好天が続き、この日はいくつも咲いた
 (4)梅の生命力は強い。4、5年前この梅は枯れそうだった。
   植物は、「宇宙の季節を地上に知らせる装置である」とか


     ・冬の星空観望会 1月13日  ・1月定例観望会 1月28日
kanbo-0113
kanbo-0128
 ・この日は8名が来台
  良く晴れた
 ・この日、寒い中48名の方が参加
  始まる前の、午後6時5分ころ、ISSが空を横切ってゆくのが見え、早く来た参加者は庭でそのようすを楽しんだ
   風も雲もなく、絶好の観望日和となった

           以上




 










picup