月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 暦と歳時記 > 暦と歳時記-2016

  暦と歳時記 2016 

      富士山-2016
 
 ・新築工事の準備  2月10日       ・ミニ企画展「世界のカレンダー」 3月13日~     ・天文台新築工事起工式 4月5日
 ・桜満開     4月6日         ・八重桜  4月19日                ・シャクナゲなど  5月26日
 ・ユリとホタルブクロ 6月14日       ・天文台新築工事 6月               ・オニユリ 7月27日 
 ・ペッパー初来台 7月28日         ・虹が出た  8月16日
 ・「太陽・月・星のこよみ」2017-発行  9月1日       ・企画展「秋の星座をみつけよう!」  9月11日~11月13日
 ・ パラグアイより来館   9月12日     ・中秋の名月観望会   9月15日         ・彼岸花  9月18日
 ・新天文台建設工事    10月12日     ・富士山初冠雪    10月26日         ・ツワブキ 10月26日  
 ・かんなみ商工祭り    11月3日      ・星座観察(茅野っこ広場) 11月4日       ・皇帝ダリア 11月16日
 ・新天文台建設工事    11月18日     ・中部日本研修センターより来台 11月28日     ・



   ・中部日本研修センターより来台 11月28日 
tyubu-1128
 ・オイスカ中部日本研修センターより、有志が天文台見学に来台。
 曇り空でしたが、観測室では不思議と日が指し、黒点を見ることができました。


   ・新館工事  11月18日 
koji-1118-2
koji-1118-1
 ・天文台新館ができつつある ・クレーン車が資材を運ぶ


   ・皇帝ダリア 11月16日 
daria-1
daria-2
 ・11月16日、天文台の前庭に皇帝ダリアが咲いている。例年、寒風の
中で咲くイメージであったが、今年は暖かく、いろいろな場所で目につく。
 ・サフランのような淡いピンクが、優しい雰囲気を演出している。
 花粉を媒介する昆虫は、まだ活動しているのだろうか?



   ・子ども教室で星空観察  11月04日 
izu-1104-1
izu-1104-2
 ・11月4日、伊豆の国市茅野っこ広場(野外活動センター)で、星空観望会
が開催されました。
 主催:伊豆の国市生涯学習課
 ・月光天文台から2人の職員が出向し、星空の解説と望遠鏡で星の観望を行
いました
 好天に恵まれ、14名の参加者があり、細い月や秋の星空を観望しました


   ・かんなみ商工祭り  11月3日
syokou-1103
 ・秋晴れのこの日、地元函南中学校の駐車場でかんなみ商工祭りが開催され、月光
天文台も参加しました。来年の天文カレンダーや緑の蛍石、珍しい化石など大勢の
お客様にご利用いただきました。有り難うございました。



   ・ツワブキ  10月26日 
tuwa-1
tuwa-2
 ・いつのまにかツワブキの花が咲いていた ・いつもより早いのか、普通なのか



   ・新館工事  10月12日 
shin-1012-1
shin-1012-2
 ・天文台新館。3階まで骨格ができた ・さらに4階が作られる



   ・彼岸花  9月18日 
higan-1
higan-2
 ・白い彼岸花 ・赤い、昔ながらの彼岸花



  ・中秋の名月観望会   9月15日/月光天文台 
tukimi-2
tukimi-1 
 ・夕方まで全天曇ったものの、少しずつ雲が切れてきた
          奇跡!
  20cm屈折では、土星や火星が見えた
 ・屋上ではカメラ屋さんの協力で、最新型のカメラを
何台も並べて、月の写真撮影の体験ができた
yukimi-4
tukimi-3
 ・時間がたつにつれ晴れ間が広がった。
 ススキ、月見団子、芋、栗などのお供え物と中秋の名月

 9月15日が中秋の名月になるのは、1970年以来46年ぶり
 21世紀では9月15日が中秋の名月になるのはこれが最後
 貴重な名月だった(^^;
 ・ギャラリーでは、去年から始まった絵本の読み聞かせ
 子供たちは前に出て真剣に聞いている
 「恐竜がいたころは、月がもっと近かったヨ!」

 40人ほどの参加があり、良いお月見となりました


  ・パラグアイより来館   9月12日
ito-0912
 ・この日、パラグアイから来日中の伊藤夫妻(前列中央と
左)とお友達が、月光天文台へ来館しました。
 いずれも岩手県出身で、天文台長の渡邉氏と同郷で、話
が弾みました。
 月光天文台の玄関で、やはり岩手県出身のスタッフらと
記念撮影。
 伊藤氏は東日本大震災の折、復興を願いパラグアイから
大量の大豆を日本に送られたそうです。
 伊藤ご夫妻らは、この後、招待されている岩手国体を見
て帰国されるとのことです。



  「太陽・月・星のこよみ」2017-発行  9月1日
cal-2017-00-b
 ・9月6日のこの日、2017年(平成29)「太陽・月・星
のこよみ」が入荷しました。
 
 ご利用ください!



 ・虹が出た 8月16日 17:21
niji-0816
 ・夕方の19時21分、東の空に虹が出現。午後5時過ぎに出てもニジ。
  手前は天文台新築工事の現場。右に天文台入り口のスペースシャトルや屈折望遠鏡の模型が見える。
  この後、小雨が降ってきた。
  どうか、どえりゃーエエことが起きるよう祈りたい。



 ・ペッパー初来台 7月28日
peppa-1
 ・この日、人型ロボット・ペッパーが来台。職員が好奇
の目で見守るなか、流暢な日本語を操って自己紹介したり、
挨拶をしたりと、なかなかのパフォーマンスを披露した。
 特徴は人見知りしない、階段を歩けないなどだが(^^、
学習していくとどこまで伸びるのか見当がつかない。気が
付くと周りのほとんどがロボットだったという時代が、そ
こまで来ているのかもしれない。


 ・オニユリ 7月28日 
oni-0727-1
oni-0727-2
 ・猛暑の7月、木陰にオニユリが咲いた ・アップ


 ・天文台新築工事  6月 
ko-11
ko-12
 ・6月29日 地下構造の型枠に生コンを入れる ・6月29日 雨の中、慎重に作業が進む
ko-09
ko-10
 ・6月24日 コンクリを入れる型枠が作られる ・6月24日 浄化槽の設置
ko-07
ko-08
 ・6月20日 手前には浄化槽が入る ・6月20日 底面にコンクリートが入る
ko-05
ko-06
 ・6月11日 鉄筋を組み立てる ・6月20日 ピロティにツバメが2度目の巣作り 
ko-03
ko-04
 ・6月8日 鉄筋で骨組み作り ・6月8日 鉄筋を配るクレーン
ko-01
ko-02
 ・6月6日 地下の基礎工事を行うため、ベース作り ・6月6日 生コンを送る特別な車両



  ・ユリとホタルブクロ  6月14日 
yuri
hotaru
 ・ユリ ・ホタルブクロ



 ・シャクナゲなど   5月26日(木) 
syaku-1
syaku-2
 ・目の高さにシャクナゲが咲いた ・造園学の名誉教授によると「花は季節を知らせてくれ
る、地上の装置」とのこと
aru-1
aru-2
 ・アルストロメリア。南米原産で別名「インカのユリ」 ・日本ではユリスイセンとも
  花の色が、日本離れしている感じ



 ・八重桜   4月19日(火) 
yae-1
yae-2
 ・ギャラリーの窓からの眺め ・天文台入り口付近
yae-3
yae-4
 ・御衣黄の薄緑の花 ・八重桜のやさしいピンク



 ・桜満開   4月6日(水) 
saku-1
saku-2
 ・南方向 ・遊び場の上の桜が満開
saku-3
saku-4
 ・遊び場から天文台方向を望む ・遊び場の上
saku-5
saku-6
 ・概観 ・天文台のようす



 ・天文台新築工事起工式   4月5日(火) 
kikou-1
kikou-3
 ・旧プラネタリウムの跡地で、午前10時開催 ・起工式の神事に関係者約60人が参列
kiko-5
kikou-8
 ・森延彦函南町長による鍬入れ式 ・国際文化交友会・中野良子理事長の挨拶
  竣工予定は2017年の春



   ・天文台新築工事の準備  2月10日
kouji-0210-1
  ・旧プラネタリウム館が取り壊され、整地が終わった


           以上




 










picup