月光天文台月光天文台

公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台

トップページ > 暦と歳時記 > 暦と歳時記-2019


  暦と歳時記 2019 

      富士山と空-2019   夜空-2019

いのしし登場  1月12日        ★昼間の金星観望会  1月19日         ★初の定例観望会    1月26日
ひな飾り    2月8日



    ★ひな飾り    2月8日 
hina-1
hina-2
 ・2月4日の立春を過ぎ、早くもひな飾りが登場!
 7段の本格的ひな人形。よく見るとプラビくんが!

 3月上旬ころまで飾られる予想。是非ご来場下さい。 
 ・お内裏(だいり)様とお雛(ひな)様
 次に三人官女(さんにんかんじょ)。
 その下に五人囃子(ごにんばやし)が控えて優雅な音楽を奏でている。
 女の子のすこやかな成長を願う伝統的な行事です。





   ★初の定例観望会   1月26日
kan-0126-1
kan-0126-2
 ・2019年初めての定例観望会が開催されました
  遠方からは東京からの参加者もあり、すべてで60人ほどになりました
 ・この日の観望対象はオリオン大星雲と、ふたご座の散開星団M35
 強風のため屋上での観望はあきらめ、太陽望遠鏡にM35を導入。3階のコスモワールドから観望しました




    ★昼間の金星観望会  1月19日 
kin-1
kin-2
 ・今年最初の昼間の金星観望会
  好天に恵まれました。右が観望会に使う望遠鏡の入ったドーム
  左は1階のサンフェイスに太陽を写す太陽望遠鏡のドーム
 ・口径50cmの反射望遠鏡に、手動で金星を導入する!(今どき^^)
 でも金星がちゃんと入る!
  スゴワザだ!
kin-3
kin-4
 ・金星の観望。今ころの金星は太陽との離角が大きく半月状。
  昼間の星は眠っているが、金星は眠らない、かも。
 ・2019年初登場の宇宙(そら)
  天文台内外を自由に移動するご主人様
   「金星よりも日向ぼっこがいい」




    ★いのしし登場  1月12日
ino-0112-1
 ・1階フロアに今年の干支のいのししが登場
  バルーンアートなので、やがて空気が抜けます。ご覧になりたい方はお早めに!


      以上

picup